過払い金請求のリスクとデメリット

「利息の払い過ぎ」という言葉、最近よく聞きませんか。
これを請求することにより十万円、多いと数百万円が返ってくる事もあります。
過払い利息が発生しているか否か、消費者金融利用者側は気付かないケースが多いです。

金融機関、金利、などに詳しい利用者でなければ中々気付きにくいものです。
女性、主婦の場合は特に金融機関に疎い傾向にあり、彼氏に相談した、旦那に相談をしたり、弁護士に相談をしてやっと過払い金の発生に気付いた、とのケースが多いようです。
金融機関から、この金額を支払って下さい、と支払い金額を提示されれば何の疑いもなく支払ってしまいますよね。

過去に消費者金融を利用した経験がある人は、利息の払い過ぎが発生しているか否か弁護士に相談できます。
相談し、800万円もの過払い金が見つかった消費者もおります。
コツコツ返済をしても元金が全く減らない、いつまで経っても返済ができない、そんな経験をした人は、利息の払い過ぎが発生しているかもしれません。

利用期間、借り入れ金額が多ければそれだけ金額に期待ができます。
折角数百万円もの請求権が発生しているのに、請求しなければ勿体無いですよね。
まずは相談を。
弁護士によっては無料で相談に応じてくれる事務所もあります。

参考:過払い金請求の計算と無料相談

過払い金請求の計算

私は、今まで3社の消費者金融から、カードでお金を借りました。
1社目は20歳のころ。
当時付き合っていた恋人に「お金に困っている」と相談され、助けてあげたい一心でカードのキャッシング機能を使い80万円を借りました。

ところが目的はお金だったのか、その後相手はつれなくなり破局。
消費者金融の借金だけが残りました。

その後、少しずつ返済を続けていたものの金利ばかり払って元本が減らず、ついつい足りない生活費をクレジットカードのリボ払いに頼るように。
それでも足りず、もう1枚クレジットカードを作り、そちらでもキャッシングやリボ払いを使って行くうちに気づけば借金の総額は再び増え、120万円以上になってしまっていました。
これはさすがにまずいと思い、弁護士に相談。

まずは一番若い頃に作った借入について、消費者金融に過払い金請求し、弁護士に手続きや裁判を代行してもらいました。
すると、わずか半年で最初の借金は完済扱いになっただけでなく20万弱の過払い金が戻ってきました。

そこで消費者金融の2社目、3社目も手続きを依頼しましたが、残りの2社はかなり揉めてどちらも結論が出るまでにかなり待ち、トータルで2年もかかりました。
一方は完済扱いになりましたが、もう一方は60万円程の借金が30万ほどまで整理されました。

これを今度一括で支払えば、ついに完済の予定です。
自分ではとてもここまでのことはできませんでした。
プロに相談して正解だったと思っています。